入門 プロジェクト・マネジメント 目標達成への最強の組織戦略

プロジェクト・マネジメントの本質をケーススタディとともに分かりやすく解説

プロジェクト・マネジメントのオススメ本です。プロジェクトを成功させるための7つの原理をケーススタディとともに分かりやすく説明されてます。本質を理解でき、実践につなげてくれる良書です。プロジェクト・マネジメントの重要性が叫ばれて久しく、最近でもプロジェクトマネジメントの本はたくさん出ています。本書はプロジェクトマネジメントを学ぶ人に是非読んでおいて欲しい一冊です。

コンテンツ

第1章 テーマ・マネジメント

目的とは成果は何か、そのテーマの価値とは何か
ケース1 伊藤さんのシステム開発

第2章 スケジュール・マネジメント

最終成果に対して課題がブレークダウンされているか、臨場感があるか
ケース1 加藤課長と林さんの時間配分
ケース2 山崎課長の業務改善20%
ケース3 式守さんの全社改革プロジェクト

第3章 リソース・マネジメント

目的とスケジュールに対して最適な人が配置されているか、プロジェクトの採算はどうか
ケース1 曽根原さんの全社効率化
ケース2 吉岡さんのインク開発
ケース3 谷井さんのプロジェクト損益

第4章 トラブル・マネジメント

想定されるトラブルは列挙されているか、同じトラブルを繰り返していないか
ケース1 富坂さんの全社効率化

第5章 モチベーション・マネジメント

目的意識や緊張感を持続させているか、アカウンタビリティは明確か
ケース1 田島さんの動機づけ

第6章 シグナル・マネジメント

計画遅れの前兆(行動や発言)を注視しているか
ケース1 中島さんの営業会議

第7章 リザルツ・マネジメント

狙った成果に対して定量的に評価しているか
ケース1 杉本さんのイベント評価
ケース2 坂本さんのミッション(使命)